永久不変の丹波屋の想い
変わり続ける伝統の品々
お問い合せページ
  • 雪輪吉祥文
  • トリノ小花文
  • 江戸笹詰文
  • ペテルブルグの鳥
  • トプカプ宝飾文
  • フランスリボン文
  • ベネチア華文
  • ヨーロッパレース文
  • 白光
  • 円縞
お問い合せページへ

雪輪吉祥文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は錦地、雪輪の縁取りの中に吉祥(おめでたい)柄の松竹梅を配置して、華やかな配色を施して振り袖に合わせる事をイメージしてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

トリノ小花文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は変わり畦地(地紋入り)、イタリアはトリノの装飾品をアレンジし、かわいらしいお花の連続柄に糸使いに工夫してボリュームを出し、すっきりとした配色で仕上げてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

江戸笹詰文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は錦地、江戸時代のおおらかな柄の中から、大胆な笹を元に特徴のある配色で、同じ振り袖でも個性的なのを意識してあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

ペテルブルグの鳥

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地、ロシアはペテルブルグの装飾品からとてもユニークな鳥の柄をアレンジして、ほとんど白黒の色使いだけで迫力が出ています。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

トプカプ宝飾文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地、16世紀ペルシャ錦の織物でササン朝特有の文様構成のものをモチーフにして、糸使いと色使いに工夫して、印象に残る品物に仕上げてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

フランスリボン文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地(特殊なオサで縦縞に見える)、19世紀フランスの装飾用の文様を上下に並べて構成し、やさしい配色を施して見た目にも上品に仕上げてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

ベネチア華文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は変わり畦地(地紋入り)、イタリアはベネチア(ベニス)の装飾品の華文をお太鼓からはみ出すぐらい大胆に使って仕上げてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

ヨーロッパレース文

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地(特殊なオサで、縦縞に見える)、フランスはリヨンの織物をとても美しいトルコブルーの地色の上に配色し、格調高く仕上げてあります。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

白光

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地、線だけのシンプルな柄ですが、場面の半分には細かい縞を入れ、もう半分は箔と紬糸の地色だけにして真ん中に走る白い線をとても効果的にしています。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。

円縞

一覧に戻る
品物のご説明
地組織は畦地、全体に走る柔らかい縦縞たちと、その上に控えめに顔を出す半円が紬の暖かい糸と相まって、とてもおしゃれに仕上がっています。
下の各イメージを選択すると左の画像が切り替わります。左の画像をクリックするとさらに大きい画像を見ることができます。